ABOUT US

Language

JAPANESE
ENGLISH

ABOUT US私たちについて

代表ご挨拶

代表取締役 豊田 悦夫

インターネットの急速な普及により知りたい多くの情報が容易く手元の携帯電話やタブレット端末に繰り広げられる今日ですが、だからこそ、本当の本物を知るには展示会やイベントの場で、生の情報を直接手に取り、また人とのコミュニケーションを通じて感じることが大切なのだと思っています。

私たちボックス・ワンは平成元年の創立以来、展示会やイベントの会場作りやブース装飾を手掛けてきた、“ものづくり”を軸とするディスプレイ会社です。 従業員約50名、それ故のフットワークの軽さがアドバンテージであり、そして強みは何といっても現場での施工力、資材力、そして社員各々に培われた連帯力と責任感にあります。

私たちは多くのお客様に安心で満足のゆく”仕事”をご提供することを使命としておりますが、同時に私たちもお客様との”仕事”を通して、新たな刺激に出会うことが多々あります。それがきっかけとなり”仕事”に新しいアイデアを生み出すことや、自らのハードルを更に高めるようなモチベーションに発展することも期待しています。

次なるマイルストーンである30周年を見据え、絶対条件である安定に片足を置きつつも、様々な状況に対応できるフレキシブルな会社づくりを目標としております。 社員みんなが、「この会社で”仕事”をしていて良かった」と思うような、自分の”仕事”に誇りをもてるような、会社にしていきたいと一丸となって取り組んでいく心構えです。

代表取締役豊田 悦夫

企業理念

  • 自 覚
    自覚

    私達は、見本市・展示会装飾施工の
    プロフェッショナルです。

  • 決 意
    決意

    私達は、「ありがとう」の
    流れの中に居続けます。

  • 行動基準
    行動基準

    お客様の満足のために、お客様のお客様までも視野に入れます。完璧施工を目指して、協力社様の協力社様にまで心を配ります。

沿革

年 月 BOXの出来事 主な事柄
1989年4月 株式会社フジヤの制作・施工機能を担うプロダクツ部門として東京都江東区に営業所及び倉庫機能を持つ株式会社ボックス・ワンを設立
井上香が代表取締役に就任し、社員11名が株式会社フジヤより転籍資本金2,000万円
1989年10月 幕張メッセが開業
1990年4月 オクタノルム等の資材拡充に伴い、千葉県浦安市に倉庫を増床(延床面積312㎡)
1991年2月 資材拡充に伴い、千葉県市原市に倉庫を増床(延床面積563㎡)
1991年10月 パシフィコ横浜が開業
1993年4月 新たに千葉県八街市に倉庫を移転(延床面積1,984㎡)し、倉庫機能の一元化
成田スタジオ(NUTS)として稼働開始
1994年3月 JAPAN SHOP | 店舗総合見本市 に初出展
※以降毎年 JAPAN SHOP | 店舗総合見本市 に出展
1996年4月 東京ビッグサイトが開業
1997年1月 東京国際フォーラムが開業
2003年3月 千葉県八街市に7,400㎡の用地を購入し、自社倉庫の建設を開始
2003年10月 千葉県八街市に自社倉庫が竣工(延床面積4,900㎡)
新倉庫の完成に伴い成田スタジオを移転
2004年4月 資本金を3,000万円に増資 / 社員数48名
2007年8月 東京都江戸川区に本社を移転
社屋(地上8階建 延床面積1,250㎡)
2009年7月 木工制作機能を担うプロダクツ部門として東京都江戸川区に株式会社フォルムズを設立
工場・事務所施設(420㎡)
2010年2月 田中澄生が代表取締役に就任
2011年3月 東京ビッグサイトにて東日本大地震における被災者の受入れ施設工事を行う 東日本大震災
2012年3月 荒川技研工業株式会社様と「JAPAN SHOP 2012」に共同出展
2013年9月 2020年東京オリンピックの開催が決定
2014年4月 設立25周年を迎える
2014年6月 豊田悦夫が代表取締役に就任

Language

ENGLISH
JAPANESE

ABOUT US

Message from the President

CEO ETSUO TOYODA

The rapid spread of the Internet has made more information we crave for delivered to mobile phones and tablets at hand and that makes it all the more important to get firsthand information and feel it through communications at exhibition or event sites to get access to the genuine value.

Box-1 is a display company built on craftsmanship with numerous experiences in the production of exhibition stands, compete exhibitions and large-scale events since its establishment in 1989. The agility of a small company of around 50 employees operates to our advantage and our greatest strengths lie in the construction and system capabilities as well as the sense of solidarity and responsibility fostered in each of our employees.

While our mission is to deliver safe and satisfying products to our customers, we often gain inspirations through collaboration with our customers at the same time. I hope these experiences help generate new ideas and develop into motivation to aim even higher.

In anticipation of our next milestone to celebrate the 30th anniversary of Box-1, I set it as my goal to make this company more flexible to accommodate a wide variety of situations based on the stability that we garnered. I am committed to make this company so each employee can find satisfaction in and take pride in their work in our concerted effort.

CEOETSUO TOYODA

Corporate Philosophy

  • Awareness
    Awareness

    We take pride in our expertise on display & setup at trade shows and exhibitions

  • Commitment
    Commitment

    We commit our ourselves to being in the stream of gratitude

  • Code of Behavior
    Code of Behavior

    We serve for satisfaction of our customers’ customers. We aim perfect constructivism being mindful of our partners’ partners.

Corporate History

Month/Year Events at BOX-1 Main events
April 1989 Foundation of Box-1 as a products wing responsible for production/construction of Fujiya Co., Ltd., with Mr. Kaoru Inoue as the representative director and a team of 11 members transferred from Fujiya
Paid-in capital: 20 million yen.
October 1989 Makuhari Messe opened
April 1990 Extension of warehouse space in Urayasu City, Chiba Prefecture driven by expansion of exhibition stand construction systems including Octanorm (total floor area: 312㎡)
February 1991 Extension of warehouse space in Ichihara City, Chiba Prefecture along with further upgrading and expansion of exhibition stand construction systems (total floor area: 563 ㎡)
October 1991 Pacifico Yokohama opened
April 1993 Relocation and centralization of warehousing function to a site in Yachimata City, Chiba Prefecture (total floor area: 1,984㎡) Started operation as Narita Studio (NUTS)
March 1994 First participation in JAPAN SHOP, the International Exhibition for Shop Systems and Fixturing
*Attending annual JAPAN SHOP ever since
April 1996 Tokyo Big Site opened
January 1997 Tokyo International Forum opened
March 2003 Acquisition of a 7,400㎡ site in Yachimata City, Chiba Prefecture to start constructing a company-owned warehouse
October 2003 Completion of a corporate warehouse in Yachimata City, Chiba Prefecture (total floor area: 4,900㎡)
Relocation of Narita Studio to the corporate warehouse
April 2004 Paid-in capital increased to 30 million yen; the number of employees reaching 48
August 2007 Relocation of headquarters to Edogawa City, Tokyo.
Office building: 8-storied with a total floor area of 1,250㎡
July 2009 Foundation of FORMZ Co., Ltd. in Edogawa City as a products wing responsible for carpentry.
Plant/office facility: 420㎡
February 2010 Sumio Tanaka assuming the position of Representative Director
March 2011 Installation of temporary facilities at Tokyo Big Site to accept people affected by the Great Eastern Japan Earthquake Eastern Japan Earthquake
March 2012 Joint exhibition at JAPAN SHOP 2012 with Arakawa & Co.,Ltd.
September 2013 Japan’s hosting of the Tokyo Olympics 2020 decided
April 2014 Celebration of 25th anniversary
June 2014 Etsuo Toyoda assuming the post of the representative director