ABOUT US

Language

JAPANESE
ENGLISH

ABOUT US私たちについて

設立30周年を迎えて

代表取締役 豊田 悦夫

ボックス・ワンは2019年4月21日に設立30周年を迎えます。
今日まで長い間支援を賜りましたお客さま、協力企業の皆さまをはじめ、私たちを支えていただきました多くの方々に心より感謝を申し上げます。

ボックス・ワンは、株式会社フジヤの子会社として平成元年(1989年)4月に江東区の東砂で誕生しました。 この年は消費税(3%)の始まった年でもあり、隣の中国では天安門事件、そしてベルリンの壁の崩壊などと世界中で民主化の運動が盛んな時代でもありました。
その頃の展示会場と言えば晴海見本市会場が主な施工現場であり、その後、幕張メッセ、パシフィコ横浜そして東京ビッグサイトが登場してきます。 ボックス・ワンは、最初の10年間はフジヤからの仕事を主に受注し、和装関連とシステム関連の二つの分野で業務を行っておりました。 和装関連の仕事は時代の流れとともに減少し、2016年には完全にその業務から撤退をいたしました。

一方、システム関連の仕事は設立当初から海外の主催者がきっかけでドイツのオクタノルムシステムをいち早く導入することになります。 その後はそれらのシステム部材を武器にその後も小間装飾から基礎工事へと幅広く展開することになります。 年々システム部材の量は増えて行く一方で、300㎡から始まった浦安の資材倉庫はその14年後の2003年に千葉県八街市に土地を購入し、4900㎡の自社倉庫を建てるまでにシステム資材の保有量を急激に伸ばしていくことになります。
その4年後の2007年に小岩に現在の自社ビルを購入。また、その2年後には木工制作の株式会社フォルムズを子会社として立ち上げ、自社木工制作所として活動していきます。

当初、11人でスタートしたボックス・ワンは、今では70人規模の会社になりました。
30年の道のりは瞬く間に過ぎてしまい、新しい世代が次の40周年、50周年を目指すことになると思います。 本年度のスローガン『30年分の「感謝」をいつも心に。切り拓くボックス・ワンの新時代。』に現される通り、今後も感謝の気持ちを忘れずに仕事に情熱や誇りを持って新時代を築ける会社にして行きたいと思います。


~最後に~

東京オリンピック・パラリンピックの施設利用問題にもあるように、日本の展示会業界は他の先進国と比べてもその地位が低く、また、日本の他の業種に比べても認知度や理解度が十分でないと感じます。 ボックス・ワンは将来、私達のいるこの業界の地位を向上させることに努力し、賃金を引上げ、残業を無くし、社員とその家族がより安心して暮らせる環境作りを目指して行くことを付け加えておきます。

代表取締役豊田 悦夫

企業理念

  • 自 覚
    自覚

    私達は、見本市・展示会装飾施工の
    プロフェッショナルです。

  • 決 意
    決意

    私達は、「ありがとう」の
    流れの中に居続けます。

  • 行動基準
    行動基準

    お客様の満足のために、お客様のお客様までも視野に入れます。完璧施工を目指して、協力社様の協力社様にまで心を配ります。

沿革

年 月 ボックス・ワンの出来事 主な事柄
1989年4月 株式会社フジヤの制作・施工機能を担うプロダクツ部門として東京都江東区に営業所及び倉庫機能を持つ株式会社ボックス・ワンを設立
井上香が代表取締役に就任し、社員11名が株式会社フジヤより転籍資本金2,000万円
1989年10月 幕張メッセが開業
1990年4月 オクタノルム等の資材拡充に伴い、千葉県浦安市に倉庫を増床(延床面積312㎡)
1991年2月 資材拡充に伴い、千葉県市原市に倉庫を増床(延床面積563㎡)
1991年10月 パシフィコ横浜が開業
1993年4月 新たに千葉県八街市に倉庫を移転(延床面積1,984㎡)し、倉庫機能の一元化
成田スタジオ(NUTS)として稼働開始
1994年3月 JAPAN SHOP | 店舗総合見本市 に初出展
※以降毎年 JAPAN SHOP | 店舗総合見本市 に出展
1996年4月 東京ビッグサイトが開業
1997年1月 東京国際フォーラムが開業
2003年3月 千葉県八街市に7,400㎡の用地を購入し、自社倉庫の建設を開始
2003年10月 千葉県八街市に自社倉庫が竣工(延床面積4,900㎡)
新倉庫の完成に伴い成田スタジオを移転
2004年4月 資本金を3,000万円に増資 / 社員数48名
2007年8月 東京都江戸川区に本社を移転
社屋(地上8階建 延床面積1,250㎡)
2009年7月 木工制作機能を担うプロダクツ部門として東京都江戸川区に株式会社フォルムズを設立
工場・事務所施設(420㎡)
2010年2月 田中澄生が代表取締役に就任
2011年3月 東京ビッグサイトにて東日本大地震における被災者の受入れ施設工事を行う 東日本大震災
2012年3月 荒川技研工業株式会社様と「JAPAN SHOP 2012」に共同出展
2013年9月 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定
2014年6月 豊田悦夫が代表取締役に就任
2019年4月 設立30周年を迎える

Language

ENGLISH
JAPANESE

ABOUT US

Celebrating 30 years anniversary

CEO ETSUO TOYODA

Box-1 is celebrating its 30 year anniversary on April 21, 2019.
I would like to express my heartfelt gratitude to our valued customers and suppliers who have provided warm assistance as well as many people who have continued to support us over the years.

Box-1 was established as a subsidiary of Fujiya Co., Ltd. in Higashisuna, Koto-ku, Tokyo in April 1989. It was the year a 3% consumption tax was introduced. It was also the year marked by active democratic movements around the globe including the Tiananmen Square incident in our neighboring country of China and the fall of the Berlin Wall in Germany.
Our main construction site back in those days was the Tokyo International Trade Fairgrounds in Harumi. Later, we saw more convention centers such as Makuhari Messe, Pacifico Yokohama, and Tokyo Big Sight spring up. For the initial 10 years, Box-1 used to receive orders mainly from Fujiya and focused on two line of businesses: Japanese interior construction and exhibition booth system setup. Orders for Japanese interior construction decreased in the flow of time and we withdrew from the line of business completely in 2016.

The system setup line of business led us to adopt Octanorm construction system from Germany at an early stage, thanks to one of the overseas organizers who have been our client since inauguration. From then on, we used the system to decorate exhibition booths and further to engage in broader foundation works. As the volume of system members grew year after year, our initial 300 sqm storehouse in Urayasu became too small to house all these members. A further rapid growth in our stockpile led us to purchase a land in Yachimata City, Chiba Prefecture 14 years later in 2003 to build our own corporate warehouse as wide as 4,900 sqm. 4 years later in 2007, we acquired our present corporate building in Koiwa, and then formed FORMZ Co., Ltd, our subsidiary responsible for carpentry, which started its activities as our carpentry arm.

Box-1 grew from 11 founding members to 70 employees.
The 30-year journey passed in the blink of an eye and the new generation will soon take over the responsibility of steering the company toward the 40th and the 50th anniversary. As our slogan this year says, “Cultivate the new future of Box-1 with 30 years of gratitude”, I would like to make this company capable of building a new era with passion and pride in workmanship and by staying grateful.

~In conclusion~
As the challenges around the use of facilities for the Olympic and Paralympic Games suggest, the Exhibition Industry has a lower standing than in other advanced nations and lower recognition and understanding compared to other lines of business. Box-1 will continue to strive to elevate the status of the industry and will aim to raise wages and eliminate overtime work for the peaceful lives of our employees and their families.

CEOETSUO TOYODA

Corporate Philosophy

  • Awareness
    Awareness

    We take pride in our expertise on display & setup at trade shows and exhibitions

  • Commitment
    Commitment

    We commit our ourselves to being in the stream of gratitude

  • Code of Behavior
    Code of Behavior

    We serve for satisfaction of our customers’ customers. We aim perfect constructivism being mindful of our partners’ partners.

Corporate History

Month/Year Events at BOX-1 Main events
April 1989 Foundation of Box-1 as a products wing responsible for production/construction of Fujiya Co., Ltd., with Mr. Kaoru Inoue as the representative director and a team of 11 members transferred from Fujiya
Paid-in capital: 20 million yen.
October 1989 Makuhari Messe opened
April 1990 Extension of warehouse space in Urayasu City, Chiba Prefecture driven by expansion of exhibition stand construction systems including Octanorm (total floor area: 312㎡)
February 1991 Extension of warehouse space in Ichihara City, Chiba Prefecture along with further upgrading and expansion of exhibition stand construction systems (total floor area: 563 ㎡)
October 1991 Pacifico Yokohama opened
April 1993 Relocation and centralization of warehousing function to a site in Yachimata City, Chiba Prefecture (total floor area: 1,984㎡) Started operation as Narita Studio (NUTS)
March 1994 First participation in JAPAN SHOP, the International Exhibition for Shop Systems and Fixturing
*Attending annual JAPAN SHOP ever since
April 1996 Tokyo Big Site opened
January 1997 Tokyo International Forum opened
March 2003 Acquisition of a 7,400㎡ site in Yachimata City, Chiba Prefecture to start constructing a company-owned warehouse
October 2003 Completion of a corporate warehouse in Yachimata City, Chiba Prefecture (total floor area: 4,900㎡)
Relocation of Narita Studio to the corporate warehouse
April 2004 Paid-in capital increased to 30 million yen; the number of employees reaching 48
August 2007 Relocation of headquarters to Edogawa City, Tokyo.
Office building: 8-storied with a total floor area of 1,250㎡
July 2009 Foundation of FORMZ Co., Ltd. in Edogawa City as a products wing responsible for carpentry.
Plant/office facility: 420㎡
February 2010 Sumio Tanaka assuming the position of Representative Director
March 2011 Installation of temporary facilities at Tokyo Big Site to accept people affected by the Great Eastern Japan Earthquake Eastern Japan Earthquake
March 2012 Joint exhibition at JAPAN SHOP 2012 with Arakawa & Co.,Ltd.
September 2013 Japan’s hosting of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games decided
June 2014 Etsuo Toyoda assuming the post of the representative director
April 2019 Celebration of 30th anniversary